===私の想い===


 徹底した住民目線で政治を見直します。住民一人一人の幸せこそ政治の目標です。経済も住民の幸せのためにあり、経済成長のため住民がいるのではありません。
地球環境を大切にしながら、女性も男性も、障がいがある人もない人も、若者も高齢者も、自らの意思で社会に参画し、より良く生きていける社会をめざします。

  

 為替レートや株価が中心の経済ではなく.私たちの生活向上のために必要なお金や物・サービスが地域で循環する堅実な経済の実現をめざします。こうした経済があってこそ、雇用を生み出し、格差を小さくし、農林水産業を振興することができます。
また、山陰の市町村がどんなに頑張っても、東京23区の税収に遠く及びません。偏っている税源を再配分する仕組みをしっかり作るのは国の責任です。
その上で、自治体の自主的な地域つくりの保障が大切です。
現在の「地方創生」のように国が自治体を審査し、国の方針に沿うところへお金を出すやり方は、住民と地域ではなく国のほうばかり見る自治体を増やします。自治体が自らの権限で地域づくりできてこそ「ふるさと山陰」も再生できます。



 昨年成立した安保法制のもと、今年はPKOに派遣される自衛隊に「駆けつけ警護」任務が追加される予定です。自衛隊の他国軍への支援も拡大していきます。戦後70年経って初めて自衛隊が海外で銃弾を撃ち、戦闘で死者を出すことが現実になろうとしています。
さらに安倍総理は憲法9条の「改正」を公然と語り始めました。9条を変え、自衛隊が国防軍になれば、日本は世界中でアメリカに追随して戦争する国になってしまいます。
こうした方向には賛成できません。日本は戦争しない国として国際的な地位を築き、平和国家だからできる民生支援や人道支援、平和外交を進めることが大切です。この取り組みは、国民がテロの標的になるリスクを下げると同時に、テロを生み出す構造の根っこを断つことになります。

===基本政策===

[経済と格差是正]
○生活の向上を最優先した堅実な経済を推進し、格差社会の解消を目指します。
○人間の尊厳まで市場原理に任せず、労働者派遣の歯止め、非正規労働者への社会保険拡大、同一労働・同一賃金を推進します。
○地域の農林水産業と中小企業・創業を支援し、地域循環型経済を作ります。これらにより雇用確保を目指します。
○累進課税を強化します。

[平和と安全法制]
○平和国家として国際的な地位を築き、積極的な、平和外交を進めます。
○立憲主義に反する集団的自衛権、自衛隊の海外での戦闘任務を容認する駆けつけ警護、他国軍への後方支援の拡大を廃止します。

[TPPと地域農業]
○TPPの全容を徹底して検証し、食料自給率を引き下げたり、国際巨大企業に支配されたりするものに反対します。
○地域の小規模農業を持続できる支援策を強めます。

[地方自治と住民生活]
○自治体の判断で使える一括交付金(子育ち・子育て交付金、農林水産業交付金、中小企業振興交付金、弱い立場の人を支える交付金など)を創設し、自治体の自立を高めて地方を再生します。
○総合診療医をかかりつけ医とする医療を地域に定着させ、それを軸に医療と介護の包括ケアの仕組みを作ります。

[エネルギーと原子力発電]
○省エネルギーと自然エネルギー開発を推進し、地球環境を守ります。
○可能な限り早い時期に原発のない社会を実現します。
○原発再稼働は、30キロ圏内の自治体の同意を条件とすることを法律で定めます。

[税金の無駄づかいの監視]
○各省庁の税金の無駄づかいをチェックする行政監視を強めます。
○政党同士がぶつかり合う衆議院とは一味違う参議院をめざし、独自の政策研究と行政監視の機能を高めます。


YouTube福島浩彦チャンネル
住民目線で政治を変える会・山陰 Facebookページ
住民目線で政治を変える会・山陰 twitter
会員募集
S