===プロフィール===

元我孫子市長、元消費者庁長官

○鳥取県生まれ。59歳。米子東高校卒業(1975年)

○学生の自主的学園祭を求めて大学側と対立し、筑波大学除籍(1981年)

○千葉県我孫子市議会議員(3期)を経て、1995年38歳で我孫子市長に。 2007年まで3期12年務め、市補助金の公募と市民審査、常設型住民投票条例の制定、市民債による自然環境の保全、提案型公共サービス民営化など、市民自治を理念とした自治体改革に取り組んだ。 この間、全国青年市長会会長、福祉自治体ユニット代表幹事などに就任。

○市長を自ら退任後は、中央学院大学教授、東京財団上席研究員、新しい公共をつくる市民キャビネット共同代表、行政刷新会議・事業仕分け人などを務める。

○2010年からは消費者庁長官。東日本大震災の原発事故のもと、自治体と連携して食品の安全確保などに取り組む。2012年8月に2年間の任期を終えて大学に復帰。

○現在、米子市在住。住民目線の会の共同代表として、無所属で住民・野党連合づくりに取り組んでいる。

○著書には、「市民自治(デイスカヴァー携書)「公会計改革」(共著 日経新聞社)「市民自治の可能性」(ぎょうせい)など。


YouTube福島浩彦チャンネル
住民目線で政治を変える会・山陰 Facebookページ
住民目線で政治を変える会・山陰 twitter
会員募集
S